クレジットカードの現金化を行う二つの方法とメリットデメリット

クレジットカードを利用していますでしょうか。
カード1枚持っていれば多くのお店やサービスが利用でき、キャッシュレスが進む現代においてなくてはならないものだと思います。

そしてクレジットカードを使うとポイントがたまります。
ただこのポイントの使い方がわからなかったり、せっかくあるからと不要な商品に交換している方は多いのではないでしょうか。

私も以前はその一人でした。
ただ今まで使わなかった、または不要な商品にもったいないからと変えていた方が現金に換えることができたらうれしくないですか?

ここではその手順やメリット、デメリットを紹介します。

現金化を自分で行う

クレジットカードはポイントを現金化することができます。
これは業者に依頼するか、自分で行うかの二択になるのですがまずは自分で行う手順を記します。

自分で行う方法はまずクレジットカードのポイントでアマゾンギフトなどのギフト券を購入し、それをネット又は実店舗で換金するのです。
一手間かかるのですが、ギフト券も即時又は数日後にはもらえますし、ポイント分満額で頂くことはできませんがそれでもほぼ同水準の現金を得ることができます。

この方法のメリットは業者を挟まないことで手数料などを取られる心配がないことと、悪徳な業者にクレジットカードの情報を取られる心配がないことです。
やはりポイントの多くを手取りに変えることができ、クレジットカードの大事な情報を知られることなく現金化できるメリットは大きいです。

そしてデメリットですが、現金化までに時間がかかることと、ネット販売の場合しっかり会社を選ばないといけないことです。
今すぐに現金が欲しいと思っても自分で行う場合、カード会社からもらうには時間がかかりますし、ネットで自分で売る場合には慎重に相手先を見つけなければいけないなど現金化に少し手間がかかるのが自分で行うことのデメリットです。

現金化を業者に依頼する

現金化は業者に依頼することができます。

現金化を業者に依頼するメリットは即日現金化を行うことができることと、手間が少ないことです。
業者に依頼することでその日のうちに即日現金化を行うことができるので、お金が欲しいと思ったときにすぐに現金を手にすることができます。

また、自分でやるのと違い、業者がすべて対応してくれますのでいろんなことを自分でしなければいけないという煩わしさがないのがメリットです。

そしてデメリットですが手数料がかかることと、業者選びが大事になることです。
仕事を依頼する以上やはり少額ながら手数料がとられてしまいますので、自分で行うよりも現金が少し減りやすい傾向にあります。

またクレジットカード情報などを見せなければいけないこともあるため、しっかりした業者に依頼しないと悪用されるかもしれないというデメリットがあります。

現金化の方法を見比べて

現金化を行う方法二つを見ていただきましたが、やはりどちらにもメリットデメリットは存在します。
現金化を行う上で、メリットしかない方法というのは存在しないのです。

ただ安全性を取るなら自分でポイントをギフト券に置き換えて換金ショップへもっていくのが一番安全ですし、今すぐに欲しいということであれば業者を利用するなど現金化の手段を自分で選ぶことは可能です。

ただやはりクレジットカード情報を知られてしまうというのは怖さがあると思います。
業者に頼む場合は慎重に精査して、任せても大丈夫だという確信が持てる会社にのみ依頼するように心がけましょう。

今まであまりポイント使ってなかったからたくさんあるかもしれない、今まで余計なものに変えてきたという方がいましたら、少しでもこの内容が役に立てば幸いです。